fc2ブログ

6月14日(金)総社

少年1部
白帯が増えて賑やかになってきました。
白帯は片山先生が担当。

色帯は試合に向けて組手稽古中心です。
今回は参加者が少ないのでちょっと残念ですが、審査や次回の試合に向けて組手のレベルを上げていきましょう!
CA3K80860001_convert_20190615114401.jpg

CA3K80880001_convert_20190615114445.jpg
試合のルール解説。
競技ですから、まずはルールを理解することが大切です。
野球のルールを知らずに野球を楽しめますか?
サッカーのルールを知らずにサッカーを楽しめますか?
楽しめないですよね?
しかし、空手のルールとなると意外に知らないまま戦っている人もいるのではないでしょうか?
格闘技ですから、定められた技を使って相手をKOすれば文句なしに勝ちですが、KOするのは力量差がない限り困難です。ではどうやって勝つのでしょうか?

有効技を決める(上段蹴り、攻め出し、合わせ技など)、有効打を相手より多く当てる。といったところでしょうか。
上段が得意なら上段蹴りを決めてポイントを取る。軸足刈りが得意なら足払いでポイントを取ることも可能です。
自分の持ち技を活かした戦い方を研究すると良いと思います。


試合組はミドル感覚(あくまでも技をコントロール出来る範囲)で試合時間に合わせたスパーリング。

通常、稽古ではスパーリングはライト感覚又はタッチ感覚で行います。
強くやるとどうしても感情的になり技が荒くなり上達もしませんし、怪我につながります。怪我をすると稽古が出来なくなり悪循環になってしまいます。
相手がいればこその組手稽古ですから、相手を尊重して怪我のないようにお互いが上達するようにすることが大切です。

「試合に勝つにはプレッシャーに強くなる為に組手はガンガンやらなければダメだ」という考え方をしている人もいるかもしれませんが・・・
以下のような経験をされた人は多いと思います。
http://blog.livedoor.jp/cue2015-momoiro/archives/1074981788.html?fbclid=IwAR2VKXAe92BO1vrJLF9dSsptIDjEr99sS53yji6V1OAzTEkD_O_Hqnb2ZMY


少年2部一般部
妹尾からH兄弟妹が参加。
試合に出場する小松原君には一緒に稽古しながら後輩をリードしてもらいました。
CA3K80900001_convert_20190615114532.jpg
小松原君とスパーリングすると皆上手になるんですよね。これが理想の組手稽古だと思います。

県大会まで1ヶ月切りました。
出場者数206名となりました。
皆で盛り上げていきましょう!

スポンサーサイト



コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0