fc2ブログ

6月18日(火)倉敷

少年部
試合前だというのにえらい休みが多いなぁと思ったら、中庄マスカット球場で阪神対楽天の交流戦があるとのこと。多くの子どもたちが観戦に行ったのでしょうか?

プロ野球観戦の思い出・・・
私が小学生の時の話。
父親が阪神ファンで家で良く野球中継を見ていました。
当時はマスカット球場はなく、岡山県営球場(岡山総合グランド内)に年に1、2回阪神戦が行われていて、父親に連れて行ってもらっていました。
父親の250CCのバイクに乗せてもらって行ったのを今でもはっきりと覚えています。
いつも外野の芝生に寝転がって観戦していました。父親は缶ビールを飲みながら観戦(おいおい今なら確実に飲酒で捕まります)
当時の阪神の助っ人外国人のラインバック(知ってます?)が目の前にいて感動した覚えがあります。
生のプロ野球はやはり迫力がありましたね。
帰りはウトウトしながら父親の背中にもたれて帰宅していました。(おいおい事故るぞ)


幼年が少なかったので主に試合メニュー。

CA3K81040001_convert_20190619224520.jpg
その場コンビネーションから仮想組手

CA3K81070001_convert_20190619224545.jpg
ミット打ちはシンプルに
試合組はサンドバッグを追加して打ち込み!

人数少なかったのでスパーリングは一組ずつじっくりと指導。
今日のアドバイスを活かしてレベルを上げていきましょう!


一般部
こちらは学生が試験期間に突入!ということでちょっと少な目。
試合に出る生徒は大丈夫かなぁと思いながら試験そっちのけ?で来ている生徒にはミッチリ指導。
CA3K81160001_convert_20190619224609.jpg
試合のシュミレーションでシールド面をかぶって打ち込み。慣れないのできつかったようですが、試合のイメージが出来て良い稽古になったと思います。

CA3K81190001_convert_20190619224631.jpg
約束組手はちょっと難しかったかも知れませんが『仕掛け受け返し』をしました。分かります?
如何に試合近い動きが出来るかが大切です。

組手を見ているとやはりディフェンスが甘いなぁと感じます。競技ルールの弊害か?やはり顔面の突きがないので思い切って前に出ながら攻めることが優位になるので、受けよりも攻めが重視される傾向があります。
しかし護身を考えた場合は受けが重要になります。

どんなスポーツでも守りは重要です。野球ではやはりピッチャーの出来が勝敗のカギを握るものです。
例えて言えば、10点取ったけど10点取られるような組手になっていますね。
打線は水物。攻撃が通じなかったら???やはりいいピッチャーと守りが堅いチームが勝ちますよね。
1点取ったら相手を完封する。3点取って相手を完封する。そんなイメージでしょうか。
サッカーでも守りが乱れるとまず勝てませんよね。

因みに私は中高生時代サッカーをしていてディフェンスでした(足が遅かったのも理由ですが何となく性に合っていました)
ディフェンスがしっかりしているからこそ安心して攻めることが出来るのだと思います。


さぁ県大会まで3週間切りました。しっかりと準備して臨みましょう!

指導後、重い体に鞭打ってランニング。ちょっと微妙なペースですが月間50㎞越えました。
目標達成に向けて頑張ります。
因みに今年は岡山マラソンの申込みはしませんでした。なかなか時間が取れないので・・・。
でもいつかは完走したいと思っています。






スポンサーサイト



コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0