fc2ブログ

11月25日(月)笹沖

少年部
今日も賑やかでした!
DSC_0629_convert_20191126123011.jpg
腕立てレベル1から3までの後のプランク。「Y君、お尻が上がってますよ」

DSC_0636_convert_20191126123101.jpg
伝統基本後、緑茶帯は伝統移動。黄帯以下は見取り稽古です。

DSC_0644_convert_20191126123128.jpg
白橙帯の組手移動

色々な層の生徒がいるのでローテーションに頭フル回転です。ここ最近のやり方がハマっています。(上手くいっています)
指導は生きものなので「これで良い」という形はありません。時代によって子どもの気質なども変わってくるので、常に現時点でのベストを目指して工夫していきたいと思います。

道場稽古だけでは足りない部分もあります。強制ではなく、如何に子どもたちが自発的に家庭で稽古してくれるかが課題です。
元プロ野球監督の野村克也さんは「指導者は教え屋ではなく気付かせ屋(教え過ぎるのはよくない)」と言っています。
どんな分野でも通じる言葉ですね。


DSC_0653_convert_20191126123156.jpg
立派な蹴りで賞!

12月1日(日)に開催される中四国交流大会のトーナメント表が桑島道場のホームページにアップされていました。
対戦相手を気にして・・・ネットで検索。相手の情報を集めるのは良いのですが、必要以上に気にしすぎると固くなって自分本来の良さが出せなくなります。

「相手が180㎝、100㎏だ~。どうしよう」と思っても相手の体が小さくなる訳ではありません。自分の力ではどうにもならないことですよね。
でも「思い切り飛び込んで右の下段蹴りを当ててやるゾ」ということは自分自身の問題になります。
競技大会の度に言うことですが「自分の出来ることに集中すること」「自分ではどうにもならない事に心を奪われないこと」が大切です。


一般部
中学生が期末試験期間に入った為、お休み。
ですが、入会が1名ありました。高校生の男の子です。
このくらいの年代の生徒がいると、道場も活気づきますね。私はオジサン部の方が落ち着きますが(笑)
遅れて参加のU西君も喜んでしました。
これが火種になって若い子中心に道場が盛り上がることを期待したいと思います。



スポンサーサイト



コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0