fc2ブログ

6月11日(火)倉敷

少年部42名の参加でした。5分前から整列…5時ジャストに稽古開始できました。予定通りに進むと気持ちが良いです。

序盤、空手をする目的について少し話をしました。みんなに質問!

「自分から空手を始めると言って始めた人?」「どうして空手を始めようと思ったの?」

「家の人に勧めらて始めた人?」「家の人が何故空手を勧めたか分かる?」

ほとんどの生徒が強くなるためと答えます。体も心も含めて。
「心を強くするってどういうこと?」 なかなか答えられません。

空手を続けていくと様々な経験をします。審査会や試合、帯が上がれば後輩の面倒を見たり、組手稽古もハードになり、きついこともあるでしょうが、そこを乗り越えて初めて強くなるものだと思います。
空手での経験を普段の生活に活かし幸福感を感じることが空手をする意義であり目的ではないかと思います。

CA3K6110_convert_20130612104815.jpg

伝統基本を中心に稽古。
幼年は合間に跳び箱、風船避け、ミット打ちなどなど。

CA3K6112_convert_20130612104836.jpg

小学生のミット打ちはコンビネーションからの蹴り技。

CA3K6127_convert_20130612104855.jpg

7月に美作で行われるフリースタイルカラテ研究会に向けて緑帯以上には少し体験してもらいました。
まずは顔面パンチを想定した風船スパー。

CA3K6132_convert_20130612104914.jpg

掴み、組技を入れてフリースタイルスパー。
下級者からもやってみたい~という声が多く聞こえてきました。嬉しいですね。子どもたちの方が新しいことには興味を示すようです。

今はただの取っ組み合いみたいですが、打撃と組技をバランスよく使えるように指導したいと思います。

稽古後、夏季審査を受ける生徒の補習稽古。今日習ったことを次回までに復習しておこう!


一般
久々にY田さんが参加。今年2回目だそうです。
前半は伝統型を中心に稽古。
後半は少年部同様、フリースタイルの約束組手。
背後取り、足取りからの倒し技など
CA3K6140_convert_20130612104949.jpg


スポンサーサイト



コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0