fc2ブログ

7月19日(金)総社

少年1部33名の参加。

体調不良でのお休みが目立ちました。
明日から夏休みです。楽しい夏休みになるよう規則正しい生活を心がけましょう!

修錬手帳の目標設定のチェック。まだまだです。
「○○で優勝したい」「〇帯になりたい」「〇〇するために頑張る」ではダメです。
「優勝する!」「〇帯になる!」「〇〇する!」とハッキリしましょう!


幼年、1年生、白帯は片山先生、2年生以上の色帯は私が担当。

CA3K7039_convert_20130720140820.jpg

伝統移動を中心に行いました。
CA3K7033_convert_20130720140727.jpg

ミット打ちは突き技をテーマに行いました。特に前拳の直突き!
間合いを測る、相手を止める、相手を突き放すなどなど。幅広く使えます。最も基本的な技です。
前に出てくる相手に対して止める、前拳で止めてから後拳を打ち込む…。

CA3K7049_convert_20130720140757.jpg

蹴り技は半分レク的に後ろ回し蹴りと二段蹴りを行いました。

約束組手は上段回し蹴りに絞りました。
ただ、手を挙げているだけの生徒が多く見られます。本気で蹴られたら、とか大きい相手だったらといった緊張感が今一つ。
後、間合いですね。届かない間合いで蹴ったり受けたりしても練習になりません。ここをしっかり押さえて指導したいと思います。


少年2部一般部35名の参加。
こちらも体調不良でのお休みが目立ちました。
暑さ対策で技数を減らしたりタイムを短くしたり…
CA3K7054_convert_20130720140842.jpg

きついと思いながらやると益々きつくなります。短い時間に集中出来るように稽古内容を工夫したいと思います!
少年白橙帯は小坂先輩。それ以外は私が担当。
ほぼ一部と同じ進行。

最後に〝群集心理″についての話をしました。
その名の通り、周りに影響を受けてしまうことですが、稽古中でも、返事や気合が小さいときがあります。
これには群集心理が働いていると言えます。「僕一人が返事しなくても大丈夫だろう」「僕一人くらい気合出さなくてもイイだろう」という他人任せな心理が働きます。良く考えるとこれはとても危険なことです。

以前、指導員会議で観たアンビリーバブルというテレビ番組で紹介されていた事例を思い出して少し話をしました。
※『アンビリーバブル 群集心理』 でネット検索すると出てきます。

皆には自分で考え物事を判断できるようになってもらいたいと思います。



スポンサーサイト



コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0