fc2ブログ

4月10日(木)十日市

少年部23名の参加。
妹尾からそうま君が初参加、入会も1名ありました。新しい生徒が来ると活気が出てきますね!

生活の心得…挨拶、返事の出来が今一つ(ガクッ)
全体で礼法指導を行いました。
挨拶は挨拶が大切だと思う心が大切なんです!何度も言ってますが。

護身検定…けんや君との寸劇、反応今一つ。一体どうしたんだ?ウケているのは私だけではないか!(泣)
正解率30%といったところでしょうか。

伝統基本突き、蹴り合同。
CA3K1888_convert_20140410223552.jpg

幼年はりゅうと先輩
CA3K1901_convert_20140410223526.jpg
妙に盛り上がってました!幼年はまず楽しみながら運動の基礎づくりからです!

CA3K1893_convert_20140410223605.jpg
ミット打ちの前に2人組で内回し蹴り、外回し蹴り。股関節の可動範囲を広げます。

約束組手
限定組手
自由組手

極真連合会のグラチャンに出場予定のともや君は組手を数セット。上の学年の生徒を相手に果敢に打ち合っていました。もっと相手を良く見て受けが出来ると良くなると思いますよ!




【おまけ】今回は大真面目です。

組手では相手の動きや心を読むことが大切です。護身検定でも言いましたが、一部分に捉われてしまうと全体が見えなくなります。  
人間関係も一緒です。相手の表情や仕草で相手の心を読み、思いやる気持ちがないと崩れてしまいます。
しかし、現代は相手と顔を直接合わせなくても会話や情報交換が出来るようになりました。20年前は友達の家に電話するにも誰が出るか分からないという緊張感が常にあり、言葉遣いにも気を配っていたように思います。
連絡取るにも一苦労だったので、一瞬一瞬を大切にしていたように思います。
今は携帯で「おれ・・・」で直ぐに会話が始まりますからね。

世の中が便利で豊かになればなるほど、人の気持ちを思いやる機会が奪われていっているような気がします。

護身という観点からも人の心を読み取るという能力は不可欠です。空手の稽古などを通じて少しでもそういったことを伝えていければと思います。





スポンサーサイト



コメント:0

コメントの投稿

トラックバック:0